地震に強い家

建物の強度を表す1つの指標として、耐震等級というものがあります。
品確法(住宅の品質確保の促進等に関する法律)に沿った住宅性能表示で、
3つの段階に分かれています。

【建築基準法の耐震性能を満たす水準】

・数百年に一度程度の地震(震度6強から7程度)に対しても倒壊や崩壊しない
・数十年に一度発生する地震(震度5程度)は住宅が損傷しない程度

 

 

・耐震等級1で想定される1.25倍の地震が起きても耐えられる
※主に、学校や病院などの耐震性能が等級2です。

 

 

・耐震等級1で想定される1.5倍の地震が起きても耐えられる
※主に消防署や警察署など防災の拠点となっている建物は等級3です。

 

 

 現在、日本の住宅において主に用いられている構造は、木造・鉄骨造・鉄筋コンクリート構造の3つです。
それぞれの構造住宅の耐震性については、
木造住宅の場合、壁の量や配置からの「壁量計算」。
鉄骨造・鉄筋コンクリート構造の場合は「構造計算」によって決まります。

一般的な住宅程度の規模であれば、数値上においてはどの構造建築においても、
これら計算に基づいて設計すれば耐震性を同等にすることができます。
つまり、極論を言ってしまえば、コストや工期を度外視すれば、住宅の構造による耐震性の優劣はないということです。

 鉄筋(鉄骨)コンクリート造の家は、素材そのものの「粘り強さや」「頑丈さ」で地震に耐えるよう作られます。
一方で木造は、木の「しなやかさ」で地震の揺れを逃すものだからです。
大雑把にいえば、鉄筋(鉄骨)コンクリート造は「耐震」、木造住宅は「免振」に近いかもしれません。

その為、○○は地震に強い家と一概に括ってしまうことが難しいのです。
インナーガレージなど大きく開口部を取らなくてはならない家でしたら、
鉄筋(鉄骨)コンクリート造が向いている、などのピンポイントでのメリットはありますが、
簡単にひとまとめにすることはできません。

それよりも大事なのは「構造設計」
その建物に求められる強度に対して、どのような柱や梁がそれぞれの部分にどれだけ必要かを計算すること。

 

耐震等級1をクリアするためには、「壁量計算」で耐震性をチェックします。
耐震等級2または3をクリアするためには「壁量計算」に加えて、上下階の壁量の比率バランスや、
その地域の地震係数を検討します。

ただし、耐震等級1で想定する地震地域係数よりも厳しい数字を使って検討しなければなりません。
ですから、耐震等級2または3を得るためには、単純に建築基準法に定められた1.25倍~1.5倍の強さにすれば良いというわけではありません。
住む地域を考慮しながら、上下階の間取りのバランスや建物の形状、仕上げ材の種類までも検討する必要があるのです。

 

しかし、2階建てまでの木造住宅は、鉄骨造や鉄筋コンクリートに比べて、
良い意味でも悪い意味でも手軽に設計し、建設できてしまう部分があります。

実は設計の際に用いられる壁量計算について、2階建てまでの木造住宅の建築確認申請では義務化がされていないのです。
その為、耐震性における設計は、担当者の責任で行われている場合があります。
つまり地震に強い家を求めるのであれば、「構造設計」「構造計算」というキーワードに敏感であることが大切です。

 

耐震性において、建物の重量も重要な要素です。
地震エネルギーは、建物の重量に比例して大きく働きます。
つまり、重い建物ほど地震によって大きく揺れることになります。

建物自体の重さは、鉄筋コンクリート構造>鉄骨構造>木造の順になります。
ちなみに鉄筋コンクリート構造の建築物は、木造建築物と比べて約5倍の重さにもなります。

建物の大きさが同等規模の鉄筋コンクリート・鉄骨・木造の建築物があった場合では、
一番軽い木造住宅がもっとも揺れず、被害が少なく済むというわけです。

屋根の材料も素材によって重さが全く違います。
構造と同じように、屋根の重量も耐震性に影響してきます。
屋根が軽ければ軽いほど、耐震性は上がります。

地震に強い家のカタチ

地震に強い家のカタチはずばり真四角です。
段ボールの意外な強さに、押しつぶす際とても力が必要なのは皆様ご存知の通り。

家も、真四角に近ければ近いほど、家全体で揺れに耐えようと踏ん張るため強い家になります。

2階・3階の重みを、一体となった壁や柱を通じて1回下の地盤にまでストレートに流しているからです。
家は、柱や梁の構造部分と、壁とのダブルで支えるのがベストとされています。
では凸凹の目立つ複雑な形の家は、どうして地震に弱いと言われるのでしょうか?
それは、地震の揺れに対し、家が複雑な動きをしてしまうから。
まかり間違って、家の一か所にその力が集中してしまう造になってしまっていたなら、
その部分の破壊をきっかけに家全体へのダメージを招いてしまう危険があるのです。

 

家の中の重さも影響します。
ピアノや本のぎっしり詰まった本棚等、重たいものを2階の一部屋においてしまったことを考えてみましょう。
その部分の床から1階部分の柱に、ずっしりと荷重がかかります。
長時間をかけて、ゆっくりと家がねじれていっても不思議はありません。
家の使い方ひとつも大事なポイントになります。
これらのねじれ・ゆがみを極力避けるために常に「均等に」を心掛けることが必要です。

 

長期優良住宅という選択

 新築で購入される場合は、「長期優良住宅」をおすすめします。

日本の住宅は築30年程度で壊されてしまう、、、という事実があります。
平成21年から施行された長期優良住宅認定制度は、この「住宅の短寿命」を改善するため、
「長く済める良い家づくり」を促す制度です。

最低でも100年住むことを想定した長持ち住宅の条件として、「強い構造」「快適な室内環境」
「メンテナンスしやすい」‥などの複数の基準があり、合致した家が「長期優良住宅」として認定されます。

少々お高くなる傾向にはありますが、その分固定資産税や不動産取得税などの税金面、
住宅ローンを組む際の金利、地震保険料でも優遇が受けられます。

 

 

建てた後も満足していただく家づくりをするためには、
地震に強く、質の良い家をメンテナンスしやすくすることで、長く住めるようにする
この「長期優良住宅」という選択も検討されてみてはいかがでしょうか。

 

 

 

地震は避けることができない自然災害です。地震が発生した際、その被害を最小限に抑えるためには、
住宅が構造的に地震対策をしていることが大切です。
倉敷ナチュラルハウスでは、末永く「家族で笑顔で幸せに」暮らせるために、構造としての地震対策は
その点において重要な住まいの条件と位置付けています。
家族が人生で一番長くいるお家の安心・安全の為、制震ダンパーの採用と住宅性能表示基準においては
最高等級である「耐震等級3」を全棟採用しております。

 

設計の相談をしたい モデルハウスについて知りたい 見学会に行きたい

ページトップへ