消費税が10%に増税したら、住宅購入費ってどうなるの?

 

 消費税率の引き上げによる
4
つの支援策 

画像

 

画像

画像

 

画像


①住宅ローンの控除期間を延長

まず、住宅ローンの控除とは「所得税、住民税が10年間で最大400万円控除される」制度です。
そして今回、この現行の期間である10年が13年にまで延長することが決定。

今回適用される、11年目~13年目までの各年の控除限度額は、以下のいずれかの小さい額になります。

・住宅借入金等の年末残高  ×  1%
・建物購入価格  ×  2%÷3年

※いずれも4000万円が限度額である。
※ただし、長期優良住宅や低炭素住宅の場合:
借入金年末残高の上限:5,000万円、建物購入価格の上限:5,000万円

消費税率10%が適用される住宅の取得等をして、2019年年10月1日から2020年年12月31日までの間に入居した場合が対象。


②住まい給付金の拡充

「住まい給付金制度」とは、消費税率引き上げによる住宅所得者の負担額を緩和するために創設された制度です。
新築や中古住宅の取得を行った際に、お客様の収入に応じて給付金が支払われるようになっています。

消費税が8%である現在は、年収が最大510万円以下 かつ 最大30万円の給付額 でしたが、
消費税が10%に増税されると、年収が最大775万円以下 かつ 最大50万円の給付額 と、
対象者及び給付額が拡充されます。

(例)年収が500万円の場合、消費税8%の時にはすまい給付金は10万円。
しかし消費税10%の時には40万円となり、30万円も支給額がアップします。

  • 住宅を取得し登記上の持分を保有するとともにその住宅に自分で居住する
  • 収入が一定以下 が対象です。

また、住宅ローンを利用しないで住宅を取得する現金取得者については、年齢が50才以上の方が対象となります。


③贈与税非課税が最大3000万円に拡大

父母・祖父母から、子ども・孫が住宅購入の資金を贈与した場合、「贈与税」という税金を払う必要があります。
贈与税は数ある税金のなかでも税負担が重い税金のひとつです。

その非課税枠は、現在700万円(一般住宅の場合)と1,200万円(優良住宅の場合)です。
しかし、消費税が10%に増税された後の金額では、一般住宅で最大2,500万円・優良住宅で最大3,000万円 に拡大されます。
現在と比較すると、およそ3倍程度も非課税枠が拡大するのです。

消費税率10%が適用される新築・中古住宅・リフォームで、2019年4月から2020年3月末までに契約を締結した方が対象。


④新築一戸建て住宅  最大35万円相当の次世代住宅ポイント制度

省エネ性や耐震性、バリアフリー性といった一定の省エネ性を満たす住宅や
家事負担の軽減の助けとなる住宅の新築やリフォームに対して、商品と交換可能なポイントが付与されます。

 

消費税率10%が適用される新築住宅の取得・リフォームで、2020年3月末までに契約を締結した方が対象。



 

まずは家づくりアドバイザーとの無料相談から

家づくりを考えはじめた方にまずは、住宅のプロとしっかりと自分たちにあった住宅購入時期や、どんな住まいにするかなど相談をすることをお勧めします。
そんな方のために、ナチュラルハウスでは、土日平日家づくり相談会を開催しております。

家づくりを検討されている方、土地をお探しの方、新築・中古問わず住宅の購入を検討されている方など、
どのようなご相談にも無料でお答えいたしますので、お気軽にご相談ください。

ページトップへ