3つの住宅性能ポイント


家づくりで重視したいことランキング
上位の性能について4つのポイントでご紹介します!

前回のランキングでもお伝えしたとおり、
家づくりで重視したいことランキングは下記のとおりです(↓)
 

 

そもそも、耐震性、耐久性、断熱・気密性といっても
イメージがしづらいですよね。
今回は簡単にですが、耐震性~気密性について
簡単にポイントを抑えてお伝え致します。

①耐震性

地震に負けない強さのこと。
耐震等級などで強さを比較することも可能です。 

②耐久性

耐久性とは、外部からの物理的・化学的な影響に対して、
どれだけ長く抵抗できるかを示す性能のことです。
日本の場合、四季折々の気候や台風が多いこともあるので、
重要性が高いと言われています。

③断熱・気密性

「断熱」とは、住宅の外部と接する部分(外壁、屋根、窓など)から、
冬なら暖かさを逃がさないように、夏なら暑さが入らないようにすること。
一般的に断熱性能が高ければ、夏涼しく・冬暖かい家を叶えることが可能です。
「気密」とは、住宅内に隙間風が入ってこないようにすることを指します。


 家づくりをしていくうえで間取りやデザイン性も
重視しておきたい大切なポイントになります。

しかし、住宅性能が低いと
どんなにおしゃれな家づくりをしたとしても、
暮らしに影響を及ぼしてしまう可能性もあります。

だからこそ、必ず住宅性能についてもきちんと把握したうえで
自分たちらしい家づくりをすることが大切になります。

家づくりで失敗しないために、しっかりと情報収集をしてくださいね♪
ぜひ、ご一緒に家づくりの準備をしていきましょう! 


まとめ

家づくりを考える上で、おしゃれな家づくり以上に
先ずは、家族の安心を守る「性能」に着目すると良いです。
性能の3つのポイントは、耐震性、耐久性、断熱・気密性です。

 

得する家づくり情報|建物について

ページトップへ