「注文住宅vs建売住宅」それぞれの違いは?

仕様

断熱材や材木の質にこだわって作ることができる『注文住宅』と比べて
あらかじめ決まった規格の戸建てを作る『建売住宅』

〝どこに重きを置くのか″
これがどちらのタイプの住宅にするかを決める大きな判断材料になります。
もちろん、人が理想とする家は“広い”“安い”“高級感がある”などと挙げ始めると
青天井式にどんどん建築費のコストが嵩んでしまいがちな項目ばかりです。

この仕様は、家の寿命を保証する大事なものになります。
価格だけに目が行ってしまっていると、のちのメンテナンスの値段を見て後悔することもあります。
相場感を養うためにも、色々と不動産のプロに相談することをお勧めします。

自分の好きな断熱材や間取りなど、自由に設計できることに魅力を感じる方は、
『注文住宅』一択です。
<標準仕様>というものがメーカーによって違うため、
建売住宅でも木の材質や断熱材など、確認されたい方はぜひチェックしてみてくださいね。

設備

『建売住宅』の場合、既に建ち上がっている物件を内覧し
購入を決めることができるために、特に不満は出にくいのが特徴です。
しかし『注文住宅』の場合には、モデルハウスについている設備が
そのままマイホームにつくものだと思っていたという方、多いようです。
これは、見落としがちなので是非注意してくださいね。

図面上では、実際の設備を目視確認ができない為に、
イメージしていた設備と違う!なんてこともありえます。
特に女性の方で多いのが、水廻りのグレードアップです。
設備の中でお金がかかるものはお風呂、キッチン、トイレ、洗面台など。
水を扱う場所は特に費用がかかります。

デザイン性

デザインは、周りの環境によっても左右されます。
『建売住宅』の場合、上でも列挙しましたが、
大きな分譲地になると画一的なデザインで統一される為、住宅街として非常にきれいに映えます。
他の人と被るのは嫌だ!という方には『注文住宅』をおすすめします。
ただし、注文住宅の場合はでも外構工事という家を囲むフェンスやカーポート、
門扉やポストなどによってもデザイン性はガラっと変わってきます。
あえて安価な『建売住宅』を選び、
少しだけ外構工事を行って人と差をつける!なんていうことも選択肢の一つです。

得する家づくり情報|建物について

ページトップへ