気密性・断熱性のポイント

断熱性・気密性を高めると冷暖房費を抑えられる!?
高水準の断熱性・気密性よりも、地域特性を参考にしたらおトク?

家を建てるなら「夏は涼しくて冬はあたたかい」そんなお家にしたいですよね♪
また断熱性の高さは、日々の光熱費とも関係してきます。
今回はそんな「高断熱・高気密の家」についてご紹介します♪

先ずは、ポイントだけおさらいします。

断熱性が高い場合、外の熱を室内に伝えず、室内の熱を外に逃がしません。気密性が高い場合、室内の空気を外に出さず、室外の空気を室内に入れません。
高断熱で高気密の家は1年中室内を快適に保つことができるというメリットを持っているのです。

 

ポイント①
断熱性・気密性を高めると冷暖房費を抑えられる!?

 断熱性の高め方としては、断熱材にこだわることや、「樹脂サッシ」やサッシのガラス部分を二重にした「複層ガラス」などがあります。
気密性を高める技術としては、天井・外壁・床の接合部を気密シートで覆う方法などがあります。
「高断熱性+高気密性」を実現することにより、熱損失が少なく省エネルギー効果の高い家、つまり冷暖房費を抑えることができる家づくりにつながるのです。

 

 ポイント②
高水準の断熱性・気密性よりも、
地域特性を参考にしたらおトク?

 断熱性や気密性は高ければ高いほどいいのでしょうか?
経済産業省と国土交通省では断熱性能の指針となる熱損失係数の基準値を全国を6地域に分けて設定しています。

ただし、詳細な地域によっての違いや、人による体感の違いは出てくるので、断熱性・気密性にはこだわっていくことが大事です。

 


 今回は断熱性・気密性についてお話をさせていただきましたが、イメージがしづらかったでしょうか。
一度、住宅会社に相談してみることをおすすめします。

家づくりで失敗しないために、しっかりと情報収集をしてくださいね♪ぜひ、ご一緒に家づくりの準備をしていきましょう!

 


まとめ

家づくりを検討する際、断熱性・気密性の高いお家を選ぶことで、
1年中室内を快適に保つことができます。          

更に嬉しいのは、光熱費も節約できます。           

得する家づくり情報|建物について

ページトップへ