スタッフブログ

『収納』の大事なポイントとは?

広報チーム 自己紹介へ

こんにちは!本日は、

『収納』の大事なポイントとは?

というテーマで、収納における知って得する知識をご紹介いたします。

快適に暮らすうえで収納は大切ですよね。
実際に「子育て中のママ 800 人」にアンケートを取ったところ、なんと!

「収納 を重視する」と答えた割合は90%を超えました!

一方、
検討段階で収納を重視しているにも関わらず、 収納に不満を持っている購入者は他の項目の約2倍!!!

なぜ、満足のいく収納は難しいのでしょうか…?

収納を重視したはずなのに、暮らした後に収納が不満の対象になる...。なぜこういったことになってしまうのでしょうか...。

その理由は「収納量」と「部屋の広さ」のバランスが整っていないこと
が原因のようです。

 収納を重視したはずなのに、暮らした後に収納が不満の対象になる ...。とても悲しいことですよね。

今回はこうしたことにならないように「収納の大事なポイント」をお伝えさせていただきます。

 

収納を検討するうえで抑えるべきポイントは大きく分けて4点あります!

1.デッドスペースを見逃さない。

屋根裏や階段下など家には本来使わない空間が数多く存在します。
こうしたデッドスペースを収納に活用することで収納量を増やすことができます。

2.使い勝手を考える。

前述のとおり、収納に対する関心が高いため「収納量」を重視するケースが多いようです。
一方で、実際は半分以上の方が「収納量」よりも「収納の質」に不満を感じています。
満足いく収納をつくるためには「適量適所」、あるべきところに必要なものが必要な量だけあることが重要です。
たとえば奥様が一番長い時間仕事をするキッチン、人の出入りが一番多い玄関は、使用頻度が高いために収納量を考える上でまず優先的に考えるべきでしょう。
玄関であれば成長に合わせて靴の数は増えますから、事前に大きめに設計するといった配慮が大切です。

3.趣味を楽しむ、生活を彩る収納にする。

子どもの思い出のおもちゃや趣味で集めたグッズは捨てきれない... という方も多いと思います。 そうした時には「飾れるものは飾りたい」、そんな収納はいかがでしょ うか?
たとえば玄関や廊下などの壁面にニッチを設置すれば空間が華やかになります。その際に間接照明を設置すれば見栄えも増して、生活に彩りを与えるでしょう。

4.家族の成長とともに収納を変える。

この頃、一部屋を大きめに設計する間取りが人気です。
お子様が小さいうちは家族全員で寝られるベッドルームに使えたり、 子どもの遊び場としても最適です。
そんな部屋におススメなのが可動式収納です。お子様の成長に合わせて部屋を仕切ったり、また一部屋にしたりと自由自在です。

 

このように収納は、

抑えるべきポイントをしっかり押さえること。

そして

それを実現できる設計士とつくること

がポイントです!

いかがでしょう、機能性の高い収納づくりのイメージを持たれたでしょうか?(^^♪
ご参考いただければ幸いです。


ナチュラルハウスでは、家づくり無料相談会や、
設計士と間取りのご相談ができる【間取り相談会】を開催しています。
ぜひごいっしょに安心できる家づくりの準備をしていきましょう♬

 相談会の情報はこちら

記事一覧

1ページ (全6ページ中)

ページトップへ