スタッフブログ

「パーキンソンの法則?」

乗松 秀和 自己紹介へ

こんにちは。

 

パーキンソンの法則をご存知ですか?

 

ファイナンシャルプランナーの方のお話にあったので、

ご紹介させていただきます。

 

なかなか貯金ができないっ!!というかたは、この法則が邪魔をしているかもしれません。

 

私もそうでした、、、

 

 

 

 

まず

パーキンソンの法則とは、何かと言いますと

 

第1法則「仕事の量は、完成のために与えられた時間をすべて満たすまで膨張する」

 

第2法則「支出の額は、収入の額に達するまで膨張する」

 

ということです。Wikipediaから参照したのですが、難しい言葉で書いてありますね、、、

 

 

簡単に言うと、「人間は与えられた分の時間やお金など、あればあるだけ使ってしまう」という法則のことです。

 

例えば、「夏休みの宿題」なんかはわかりやすいです。

「夏休み最後の日に慌てて宿題を終わらせた」なんて、経験したことありませんか?

私も最終日に慌ててやっていた記憶があります。笑

 

 

これはもろにパーキンソンの法則が働いている現象の一つです。

 

パーキンソンの法則はお金に対しても当てはまります。

 

例えば20万円の収入があったら、20万円を毎月使ってしまったという経験はありませんか?これもパーキンソンの法則が働いています。

 

別に15万円あれば足りていた場合でも、何か買ったりして20万円を使いきってしまうのです。

 

「貯金ができない」っという方は、このパーキンソンの法則が強く働いてしまっているので

そういった方も上手くこの法則を利用していくといいと思います。

あればあるだけ使ってしまうので、初めからないものにしておけばいいのです。

(↑簡単に言ってすみません)

 

その為にどうするのかと言えば、

例えば毎月3万円を給料から抜いて、はいってくるお金自体を減らしてしまえばいいのです。

口座には毎月17万円しか振り込まない(引き出さない)ようにすれば

それを使いきってしまったとしてもしっかり3万円ずつ貯金していくことができるようになります。

 

ただ、その3万円がなにを目的とした貯金なのかも明確にできるとさらに良いです。

 

例えば、

10年後に200万円の車を現金一括で買うための貯金

1年に一回10万円程度の家族旅行をするための貯金

子供の十何年後の大学入学資金のための貯金、等

 

何のために貯金をするのかが明確であればさらに良いかなと思います。

 

無理は良くないので、まずはできる範囲で、わくわくできるものから

 

私であれば、半年後に美味しい焼き肉をお腹いっぱい食べに行くという目的のために

 

月々3000円をなかったことにして貯金してみるとか、

 

まずは小さいところから、慣れてくると車や旅行、

 

教育資金という形で段階を踏んでいく方がきっと楽しくできます!!

 

 

お金を貯めたいけどなかなか貯まらないという人は、

 

パーキンソンの法則というものの存在を理解して上手く付き合っていくようにするといいかもしれません。

 

是非、試しにやっていただけたらと思います(*^^*)

記事一覧|お金のこと

1ページ (全5ページ中)

ページトップへ