スタッフブログ

住宅ローン減税 延長!?

広報チーム 自己紹介へ

こんにちは!
今回の【知って得する家づくりの情報】は、 「住宅ローン減税について」です。

まず・・・

住宅ローン減税をご存知ですか?

●住宅ローン減税とは

住宅の取得(新築、新築住宅の取得、中古住宅の取得)や一定の増改築・リフォーム工事を行い、10年以上のローンを組んだ場合に、納めた所得税や住民税が戻ってくる制度のことです。
住宅ローンの借り入れを行う個人単位で申請することができ、最大で年間40万円の減税を10年間うけることができます。税制のなかでも非常に優遇された制度であるため、住宅購入のメリットの1つと言われています。

現在、政府は現行制度の10年から住宅ローン減税が受けられる期間を3年間伸ばし、13年とする方向で進んでいます。

背景としてあるのが、消費税増税による住宅の需要減少です。
政府としては、その対応として消費者への還元を強化していく考えです。延長された3年間の減税額に関しては、建物価格の2%を3年間かけて所得税や住民税から差し引く仕組みを採用し、現行制度での減税額と新しい仕組みの減税額を比較し、少ない方の金額を実際の減税額として受け取ることができます。

さらに、住宅ローン減税以外にも、住宅投資には給付金やポイント還元なども取り入れることも予定されており、さまざまな施策を併用することにより最もお得に住宅購入をすることができます。

 

●おさえておきたいポイント

来年10月の増税の対策として、政府は以下の3つを検討しています。
①住宅ローン減税の適用期間が10年から13年に延長される
②延長された3年間の減税額に関しては新制度が導入される
③他にも給付金やポイント還元などさまざま施策にて還付を受け取ることができる

住宅購入後にお得に暮らしていくためには”減税”・”還付”に注目して、しっかりと活用することが重要です!

このポイントをしっかりとおさえて、一生に一度の家づくりを成功させましょう(*^^*)

 また次回も家づくりに役立つ情報を投稿します!ぜひご覧くださいね♪

 

★増税や住宅ローン、土地探し、間取りなど無料相談会を土日・平日開催中!

詳細はこちら

記事一覧

1ページ (全5ページ中)

ページトップへ