スタッフブログ

『たれ壁の意味』

塔本 良平 自己紹介へ

こんにちは!

設計士の塔本です( `ー´)ノ

 

今回は『垂れ壁』の意味についてお話しします。

 

「垂れ壁って何????」

 

って思われている方、結構いらっしゃるのではないでしょうか(._.)/ハーイ

 

ご説明しますと、、

 

たれかべ【垂れ壁】

天井から垂れ下がるように、まで届かず途中までしかない
◇「下(さが)り壁」ともいう。

 

........と言うことなんですねぇ。

 

本来は、火事の際に煙が広がるスピードを抑える、

といった意味が込められています。

 

しかしこの垂れ壁ですが、間取りのプランニングの際に

別の役割で活躍するんです!!!

 

それが、、、こちらです。

 

 

 

和室の床の間を映した写真なのですが、

アーチのかかった垂れ壁がありますよね!

 

この垂れ壁に『空間を分ける』という意味があります。

 

また裏に間接照明があると雰囲気もいいですよね。。。( *´艸`)

 

 

この『空間を分ける』用途の垂れ壁ですが、

先日OPENしたモデルハウスにも使用しています。

 

それがこちら↓↓

 

 キッチンから洗面室を写した写真です。

 

そこに垂れ壁を使用することにより、

『居住スペース』と『水回りスペース』の空間を意図的に分けています。

 

 また裏にロールスクリーンを使用することにより

ロールスクリーン本体が隠れて一石二鳥です!

 

 

 他にもお家づくりの参考になるポイントが、

まだまだたくさんありますので

 

是非モデルハウスにお越しください(^^)/

 

それではまたm(__)m

記事一覧|2018年11月

1ページ (全2ページ中)

ページトップへ